カードブランド

クレジットカードの国内・海外ブランドの特徴に違いはある?

クレジットカードを持っている人は、一度自分のカードを見てください。

すると右下のところにロゴが出ているはずです。

このロゴはそのクレジットカードが提携しているブランドになります。

このブランドですが、国際ブランドと国内ブランドのものに分類できます。

どちらのカードを作ればいいのかで迷う人もいるでしょう。

現金化ではブランドの違いはほとんどない

普通にショッピングとして利用する場合、メジャーなものであれば国内・海外ブランド両方とも日本で買い物する場合まず困ることはないでしょう。

ショッピングの際にカードを提示したところ、「うちでは決済できない」と断られることはないはずです。

現在主要なブランドとして7つのものが出回っています。

このうちのいずれかであれば、カード決済を取り扱っているショップであれば問題なく買い物できるはずです。

しかし国内ブランドの場合、日本で使う分には不自由さを感じないかもしれません。

しかし海外旅行に出た時にショッピングで利用できるかとなると、使えないという特徴もみられます。

通常お店のドアやウィンドウなど利用できるブランドのロゴが張り出されているはずです。

そこをチェックして、自分のクレジットカードが利用できるかチェックするといいです。

また逆に海外ブランドの中には世界では浸透しているけれども日本ではまださほど普及していないケースもあります。

そのような場合、まれですが日本国内で利用できない場合もあるかもしれません。

どこの国が発行しているカードかを見極めて、自分の使い方の特徴にマッチするものを選ぶといいでしょう。

店舗によっては取扱いが無い場合も

クレジットカード現金化サービスを利用する場合、その業者が決済を行います。

もしその業者が皆さんお手持ちのブランドに対応していない場合、現金化そのものができなくなります。

ですからクレジットカード現金化を利用する場合には、自分のカードのブランドに対応しているかどうかホームページなどでチェックしておくべきです。

一般的なクレジットカード現金化の特徴として、メジャーなブランドであればまず間違いなく利用できるでしょう。

もしこれからカードを作ろうと思っていて、今後現金化サービスの利用も検討しているのであれば、有名どころのブランドと提携しているカードに入会するのがおすすめです。

クレジットカード現金化業者の中でも大手・優良業者の場合、国際ブランドであればなんでも利用可能というところも多いです。

このような有名な大手の中から申し込み先を決めるのもおすすめです。

1件のコメント

返信を残す