有効な方法

利用停止防止!クレジットカード現金化で利用停止にならないコツ

クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法は、インターネットなどで注目を集めています。

カードローンのように審査なし、しかもカードを持っていれば誰でも確実に現金を手にできるところが魅力です。

しかし使い方を誤れば、カード会社から利用停止にされる恐れもあります。

そこで利用停止防止のためにどのようなところに気を付けるべきか、そのコツをマスターしておきましょう。

カードで利用停止にならない有効な方法

利用停止にならない最も有効な方法といわれているのが、クレジットカード現金化業者を活用する手法です。

しかしカード会社は現金化目的の利用を禁止しているはずです。

では現金化業者はどうやってカード決済しているか気になるでしょう。

実は現金化業者自身が厳密には決済を行っていません。

詳しく仕組みを見ると現金化業者の委託を受けて、決済代行業者が事務処理を行っています。

決済代行業者としてみれば、現金化業者の存在をカード会社に知られないようにします。

そうしないと大事なお客さんを失ってしまうからです。

このため、現金化を行っていることはカード会社に知られることなく、すなわち利用停止にならないでクレジットカードのショッピング枠現金化ができるわけです。

「本当にばれないのか?」
「利用停止防止効果があるのか?」

と思う人もいるでしょう。

しかし主要な決済代行会社は現金化業者以外にも多種多様なクライアントから委託を受けて、決済を行っています。

毎月何十億というカード決済を引き受けている業者も普通にあるほどです。

この何十億の中に現金化業者の決済も混ぜてしまえば、カード会社も気づかないでしょう。

ですからクレジットカードの利用停止にならないように現金化するためには、専門業者を使った方がいいわけです。

決済の代行でリスクを回避

もちろんもしバレてしまえば、決済代行業者も契約違反になりますからカード会社から取引停止になってしまいます。

そのようなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をなぜ代行するのかと思う人もいるでしょう。

決済代行業者は決済を行うにあたって、手数料を受け取っています。

これが会社の利益になるわけですが、実は一般の企業と比較して現金化業者の手数料は高めに設定しているのです。

つまり大口のお客さんですから、いけないこととわかっていても取引を続けているわけです。

自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化するとバレて利用停止になる恐れはあります。

しかし専門業者を利用すれば、利用停止防止の高い効果が期待できるわけです。

返信を残す