疑われる商品

現金化の疑いをかけられやすい商品は?amazonや楽天とかならOK?

クレジットカードを使って商品を購入し、それを現金化する行為は利用規約上禁止されています。

もしクレジットカード現金化可能性の疑いをかけられると、最悪利用停止になってしまう恐れも出てきます。

現金化可能性の疑いをかけられやすい商品を購入しないようにすることが、有効な対策です。

危険な商品とは?楽天での購入なら可能性は低い?

現金化可能性の疑いの嫌疑のかけられやすい商品は、換金性の高いものです。

具体的には、高価なブランドや電化製品、ゲーム機などがあげられます。

ただし普通に購入している分には、疑いをかけられることはないでしょう。

一方今までそれほどだったのが急に大金を使うようになった、何度も繰り返し購入している場合には現金化を怪しまれる危険性も出てきますから、注意しなければなりません。

クレジットカードでショッピングをした場合、その情報はカード会社に記録として保存されています。
【参考】

例えばこれまでの毎月のショッピング枠の使用状況と比較して、ある時からぐんと増えた場合には怪しまれる可能性も高まります。

「誰かにカードを盗まれたのではないか?」
「スキミングなどでカード情報を抜き取られたのでは?」

のほかに

「現金化をしているのではないか?」と疑念を抱くためです。

ショッピングの金額だけでなく、回数が不自然なまでに増えた、同じものを何度も購入しているなどの不自然な行為がたびたびみられる場合には一度カード会社から連絡のかかってくる可能性はあるでしょう。

高価なブランド品や電化製品を1度や2度購入した場合、それだけで現金化可能性を疑われることはまずないでしょう。

しかしクレジットカードのキャッシング枠をすべて使い切った状態で、ブランド品やゲーム機などの商品を購入し始めた場合、怪しまれる危険性がありますので注意しましょう。

キャッシング枠を使ってそれでも現金が足りないから、ショッピング枠を現金化しているのではないか、というわけです。

またそこまで疑われなくても、キャッシング枠を使い切ってショッピングされると、代金を立て替えても支払ってくれないのではないかという懸念を抱かれる恐れがあります。

このため「大丈夫でしょうか?」という連絡がかかってくることもありますし、使い過ぎでカード会社が損害を受けないようにするために利用の一時的な停止措置を受けるかもしれません。

このように現金化はカードの使い方によって、カード会社に怪しまれる可能性も出てきます。

現金化業者を利用して取引するのが、無難なやり方であるといえるでしょう。