メリットが多い

クレジットカードを複数枚使用して現金化するのは?

社会人になってからクレジットカードを複数枚持っている人も多いでしょう。

もしクレジットカードの現金化サービスを利用するのであれば、複数枚使用するのがおすすめです。

リスクの分散ができる

メリットはいくつかあって、まず大きいのはリスクマネジメントです。

クレジットカード現金化は違法ではないです。

しかしカード会社の利用規約で見ると違反行為ですから、もしショッピング枠の現金化がばれてしまうと何らかのペナルティを受ける恐れがあります。

特に短期間で何度も繰り返し利用すると、カード会社に目をつけられやすいです。

そこで複数枚を使用するわけです。

「今回はAというカード、次はBというカード」といった感じで使いまわせば、現金化の利用頻度が多くても1枚当たりの使用回数は少なくできます。

このため、カード会社から疑惑の目を向けられることも少ないでしょう。

支払日が異なるので返済が楽になる

クレジットカードによって、代金の支払期日は異なるでしょう。

これも複数枚使用するメリットです。

例えば50万円を1枚のカードで現金化した場合、期日までに50万円を準備しなければなりません。

しかし10万円ずつ5枚のカードで現金化して、それぞれ支払期限が異なれば、10万円ずつを支払えばよくなります。

このように金額を分散できれば、お金のやりくりもやりやすいでしょう。

カード会社の中には、支払期日を自分で選択できるものもあります。

現金化で利用する場合には、ほかのカード会社の兼ね合いも意識するといいでしょう。

現金化の枠が増える

また複数枚使用すれば、現金化できる枠もそれだけ大きくなります。

一つのカードでは自分の望むだけの十分なショッピング枠がなかったとします。

しかしその他のカードも使って現金化すれば、そのショッピング枠も上乗せできます。

ということは自分の希望する額を現金化できるかもしれません。

ただし大きな額を現金化する場合、本当に今後支払いできるかどうかは慎重に吟味すべきです。

多額の現金化をして後々支払いができなくなれば、違った意味でのカード破産につながりかねません。

またクレジットカード現金化のために複数枚のカードを使用した場合、支払いの管理をしっかり行わなければなりません。

利用枚数が多くなればなるほど、支払期限をうっかり忘れるリスクも高まります。

Aの返済期限は意識していたけれども、その数日後にBの支払期日のあることを忘れていた、という話は時折聞きます。

もし何度も返済滞納するとカードの利用停止につながるなど不都合も生じるので、注意したいところです。

返信を残す