手数料のコスト

クレジットカード現金化では振込手数料などのコスト計算が大事

クレジットカード現金化で、もっともチェックすべきは換金率と振込や宅配にかかる手数料のバランスでしょう。
安心・安全と人気のあるクレジット現金化サイトであれば、そのトップページに分かりやすく記載されているものです。
私たち利用者も、まずこの振込手数料などを確認して、実際に振込まれる金額を計算してサイトを選びます。
なお、詳細設定を別ページに書いていることも多く、サイト内を詳しくチェックして初めてわかることもあるので注意してください。
ただ単に換金率が高いからといって飛びついたのでは、あとで大きな損をしてしまう可能性があるからです。

一般的に、クレジットカード現金化業者が設定する振込や送料の手数料には基準がありません。
振込み手数料なら数百円から1000円ぐらい、また商品の送料にも500~1000円ほど掛かるのが相場です。
トータルするとカンタンに1000円以上になってしまうのです。
さらに、換金率と振込手数料がハッキリ書かれているからといって安心はできません。
要するに、その両方を計算して、一体いくら現金が振り込まれるのかを実数で確かめないと安心できないということです。

たとえば、1万円の現金化を行うとして、換金率が90%・トータルの手数料が1500円だったとしましょう。
この場合に、実際に手にする現金は、商品購入の消費税1000円を差し引いて6500円となります。
実質の換金率は65%です。
一方、換金率が85%でも手数料が500円ならば、振り込まれる現金は7000円となって換金率が低くてもトクになるわけです。

このようにクレジット現金化にはかなり手数料がかかってきますから、できるだけ抵コストのサイトを選ぶようにしてください。
1万円のクレジットカード払いで、たった6500円しか現金が手に入らないのではちょっと辛いでしょう。
もし現金化する金額が5万円とか、何回も繰り返して利用する場合はどうでしょうか?
もうお分かりと思いますが、換金率だけを比較してもダメだということです。
ちょっと面倒ではありますが、電卓でしっかり計算した上で比較しないと損をしてしまいます。

そこで一つポイントがあります。
最近は手数料をグッと安くしているサイトが増えてきている事、中には手数料が無料になっているサイトもあります。
そういったサイトを選んで、しっかりと現金化の利率を計算するならば、かなりお得になることを覚えておいてください。

返信を残す